フラワーエッセンスとは

 フラワーエッセンスは1930年代にイギリスの医師・細菌学者であったエドワード・バッチ博士によって見出された自然療法です。

 

性格のタイプによって肉体的な病気のパターンに関係していること、

身体の病を和らげるには心を癒すことが必要だということに気付き、心、体、魂の全体のバランスの重要性を語っています。

 

レメディ(=エッセンス)の作り方は非常にシンプルで、実際に癒す力を与えてくれるのが野生のハーブです。

植物に宿る澄んだエネルギーと癒しの力を十分に私たちが理解することで、私たちは自分自身を理解するようになります。

 

体の不調の原因が自分の思い癖だったり、悲しい過去だったり、日々のストレスなどの心因性の場合が多く、それに着目してレメディを使用していきます。

 

心理状態から38種類の中のレメディを導き出し、同調する植物のエッセンスを使用することで症状を緩和していく療法です。


 

 

【フラワーエッセンスの目的】

マイナス感情が前向きになる

自分を好きになることができる

〈セルフヘルプ〉

①ストレスを軽減する

恐れ、自己否定、劣等感、イライラ、トラウマ、心の癖など、ネガティブな感情を持っている自分自身を知り、それを改善するサポート。

②気持ちの若返り

考え方が変わったり、いつもの視点が変わることで心が柔軟になり自分にも人にも優しくなれる。体調にも変化が訪れいきいきと自立した生活を歩むことができる。

③自己実現

自分の内側を見つめ、まっさらになることで自分らしさを知り、本当に自分がやりたいことや使命を見つけることができる。


 

〈こんな感情のときにフラワーエッセンスが役に立ちます〉

 

・寂しさや孤独を感じるとき

・周囲の影響を受けすぎていると思うとき

・他人のことを気にしすぎるとき

・恐れや不安を感じるとき

・絶望感を感じるとき

・現実に向き合えないとき

・体調がすぐれないとき

 

など